FC2ブログ

一番大切な事って、何!?

このブログで度々書いている話、【感覚が先か理論が先か】

ダーツプレイヤー…ある程度本気でダーツを上手くなりたい!と練習してる人…が、
ダーツを上達させるためにまず何をするか!?と考えてみると人によって2パターンに分かれるんです。

1・とにかく投げてみる。
2・とにかく考えてみる。

習うより慣れろ!考えるより動け!ってのが1に対し、2はシッカリと考えた結果投げた方が、効率が良い!派。もっと言うと、

1・ダーツは投げたのが入れば何でも良い。
2・しっかりとしたフォームで投げなけらば入るわけがない。入っても偶然なだけだ。

更に言うと…

1・入るフォームが理想のフォーム=気がついたらフォームって固まってるんでない?
2・理想的なフォームをイメージし、そのとおりに投げれれば絶対に入る!同じフォームで投げれば
毎回同じスローができる=フォームさえシッカリ固めて奇麗に投げれれば、入る!!!

って事になってきます。どっちが正しいなんて言えません。
ちなみに言うと自分は1のタイプです。だからヒドイ月なんて、人に会うたびに「あれ?ソウスイ投げ方変わった?」なんて言われてしまいますがww

実はスタンス、グリップまで含めると、毎日自分は違うフォームで投げてます。
と言うよりは毎回、自分が投げやすく、自然体で、そして入るフォームを少しずつ探りながら投げてる感じです。
毎回、何かを掴んでは何かを忘れてる感じがしてなりませんがw
こうしながら徐々に自分の中で一番入るフォームが見つける事が何とかできています。


さて横道にそれてしまいましたがw1の考え方と言うのは基本的にこうだと思います。
「いや、グリップはもっとこうした方が良いよ」と言われても「でも…こっちの方が投げやすいし・・・」って理由で
フォームの大改造は絶対にしないタイプですwwww
でも、固定されたフォームで毎回投げる事がしたくてもできないタイプですので、
気がついたらどんどん投げ方が変わってっちゃったりしますw …あ、モロに俺だwwwww


じゃあ2はどういうタイプの人なのか?
理論をシッカリ構築する。トッププレイヤーや雑誌等できれいなフォームをシッカリ研究する。
それを実践できれば絶対に入る!しかもフォームを固定する=毎回同じスローができる

=毎回入るって事じゃん!!!!!!!!!!!
って理論なのでしょうが、言われれば確かにそうだ…と思えるんですが……

こっちのタイプで陥りやすい罠が、フォームにとらわれ過ぎてしまう事です。

突然ですがスキーのジャンプ競技を思い浮かべてください。
あの競技は飛行形に対する技術点があります。最後にポーズをシッカリ取れるかどうかも大切です。
つまり、見た目がキレイな程、点数が上がるんです。

フィギュアスケートもそうです。
同じ技を決めても、それが綺麗にできてるかどうかで点数が変わってきます。

さてダーツはどうでしょう?
どんなに見た目がキレイでも、加算される点数はありません。

そう、見た目なんて何でもいいんです。言われたらわかるんですが、気にしすぎてしまうんです。


キチンとしたフォーム、綺麗なフォームで投げる理由は何か!?
毎回同じ感覚で投げる事ができる→それがダーツを一番飛ばせるからだ!って事であって、
その技術点にプラスして芸術点が貰えるからではないんです!!!!!!

フォームは綺麗って言われるけど入らない。万年Bフライトから脱出できない!って方はここで躓いてる場合が多いです。



じゃあ、フォームってどうすりゃいいの!?しっかり固定させるべきなの?しない方が良いの?
今の自分が出してる結論としては、固定させる方が良いです。

が、それはあらかじめフォームを作って、それに慣れる!というのではなく、

自分の投げやすいフォームで投げる
→繰り返してくうちに、入る時と入らない時がある
→入る時のフォームを感覚的に覚え、また投げる
→それを続けてくうちに、気がついたらフォームが固まる

という意味において…です。
投げてるうちに改良して改良して…導き出されるモノ。自分自身の中の感覚の集合体がフォームなんです。

そう。フォームって投げ方と言うよりはダーツを狙ったトコに入れる感覚と考えるべきです。

そして毎回同じ感覚で投げていると、意識していなくても見た目にはフォームが固定されるモノです。


特に海外のトッププレイヤーを見てると多いですが、何であんな投げ方で入るんだ!?
そう思った事、ありませんか?
逆に何故、あのトッププレイヤーと同じ投げ方に見えるのに、自分は入らないんだろう?
どうして、周りにキレイなフォームだ!と言われるけど数字がついてこないんだろう?

投げ方は一緒でも、感覚という部分が全然違うからです。おぉ!!説明ついたwwwwwwww


さて、自分にとってフォームを構成する理想的な形を書きました。
とにかく投げて、感覚を固定する事=フォームの固定と書きました。
が、…実現させるには毎日物凄い量を投げる事と、常に向上心を持つ事、そして自分を信じることが大事です。
それと同様に人の話を素直に聞く事も大事です。とにかく試す。良い悪いは何回も投げて判断する。

とにかく形から入るのではなく、自分で掴み取る。と言うより感覚は自分で掴み取るしかないんです。


途方もない作業に思えますが…実際そんなに難しい事じゃないです。
ブルに入った時の投げ方を、体に覚え込ませればいいだけなんです。

入った!やった! でなくて、入った!今の感じを忘れないように!って思うだけで1歩前進してるんです。


フォームを固めるのではなく、感覚を固める事に集中して投げる事が大事です。

論より感覚。私の中では感覚が一番大事。理論はそれに付いてくるだけの存在。


何故こう思うようになったかって?
こんだけいろいろとダーツ論を自分の中で構築してるけど…左手で投げたらRt1?3ぐらいだからです。

理論がシッカリしてりゃ入るなら…左手で投げても入るでしょ?
シッカリしてないから入らないなら…右手で投げても入らないハズだけど…あれ?w


ね。結局一番重要なのは感覚なんです。
スポンサーサイト



コメント

たまたま寄らせてもらった者ですm(_ _)m
現在、RT8です。凄く、勉強になりました。
やっぱり、ダーツって最後は感覚だよなと思い、ダーツ 感覚派で
グーグル検索してこのブログに来ました。

テイクバックは今まで、感覚ではなく、適当でした。
正確に言うと、テイクバックの位置が一定だと思える基準が
持てなかったため、疎かにしていました。
このブログで、テイクバック時に既に軌道に乗せるイメージで
引けばいいのか!!と思い、さっそく自宅のボードで投げて見ました。
ダーツの寄りが違いました。
すごい勉強させていただきました。ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: