FC2ブログ

あららw

メンタリティについて書いてみましたが、何書いてるかワケわかんなくなってるなぁ…w
ネット上でサイト開いて、文章書き始めてもう8年にもなりますが…
うーん。テキストサイト(懐かしい響きw)辞めてから文章書くのが絶対下手になってると痛感。。

あ、最近モンスターハンターフロンティア始めました。
暇人、ダーツプレイヤーさんは是非あの、狩りいきましょw? 


さてまぁそんなワケでござんして、ダーツな話!

いよいよ8月になりました。今月の参加トーナメントはburnとD-CROWNキャメルカップ。
両方共に相手は日本トッププレイヤー。でもそれがどうした俺だって強ぇぜ!!!wwwww
って勢いで戦ってきたいと思ってます。

意識の持ち方。burnはチャレンジャー。怖いものナシで負けて当然。
開き直って思いっきり大胆に攻めるダーツをしていきたいです。
「何だあいつは!!?」と、参加者と全国のダーツプレイヤーに思われるよう、がんばります。

一方のキャメルカップは自称北海道の砦(www)として頑張りたいですハイ。
「北海道にも強い奴はゴロゴロいるんだなぁ…」という印象を、本州のプレイヤーに叩きこめたらなとww


ADAJ札幌でD-CROWNエントリーして感じたけど、やはりこのレベルになると、
打ち合いとかスタッツなんぼ打った!ってレベルでなく、潰し合い、波に乗れるかどうかの戦い。
トーナメントの恐ろしさ。ノった方が勝つ。

そういう、チャンスのやりとり?的な部分の意識でもう一度、2つのトーナメントを語ると、
burnではつかんだチャンスで絶対決める!というダーツをしたいのに対し、
キャメルカップでは、チャンスを相手に与えないダーツがしたいです。


で、現在の調子の程は…と言いますと、まずまずです。
若干ブンブン振り過ぎて力んでしまう事がありますが、2?3スローで修正できてるので、そういう意味では調子が良いです。

数字的にも十分満足する事はできない一方で、不満はないって感じですし、
それ以上に、最近は相手を圧し潰すようなダーツができてる点が自分で良いカンジかな?って。



9月からはDリーグの後期がスタート!
下のDivから生きの良いチームが2つ昇格してきて…いや、これはきついだろ…w

って感じの札幌Aディビジョンですが、やはりチームの目標は優勝!!
全期優勝して、堂々と札幌チャンプとしてインターリーグへ望みたいです。

個人的な目標としては、自分のスタッツ云々は気にしません。
むしろ、自分の対戦相手となった人のスタッツを気にしてゲームがしたいです。

と言うのも、個人的な後期の目標は「相手をプレッシャーで圧倒するダーツ」です。
スタッツ的にその人の平均以下を打たせる。焦らせ、自滅させるダーツができたらばなと。

…なんか凄ぇ嫌な奴になりそうだがwwwwwww
一流選手の持つオーラとか風格とか、そういうのを漂わせるプレイヤーを目標に!
その後期の経験をもとに、インターリーグ、そしてPRIDE、ADAJファイナルを戦っていければなと。


とりあえず最初で最高の、最大の舞台であるburn2008。
何度こういう舞台に立てる機会があるか解りません。せっかくのチャンスだから思いっきり楽しんできます。

酒飲んで、緊張して、何が何だかワケわかめな内に終わりませんようにw
スポンサーサイト



玄人好みと一般ウケ

上達のためにはダーツ理論というモノや試合の見方をもうちょっと深くする必要があります。
ただスタッツだけを見て、打ててたからOKとか、低いからダメだとか、そういうレベルで考えてると、
いつまでたっても上達していかないです。、ダーツだってそういうのあると最近感じてます。


玄人好みの展開=目に見えにくいハイレベルな攻防戦。


K-1やボクシングなんかでこういう話を聞きますが、派手なKOで決着がつく試合は見ててスカっとして面白い!
でも、フルラウンド、高等技術を駆使した打ち合いでの判定試合ってのは、実際そこまで楽しまれません。
内容で言ったら絶対に面白いのに、結果的にKOの方がいいやー的な。
別にけなしたりするワケじゃないですが、玄人好みの展開ってのは本当にプレイヤー向けの試合なんですよ。

玄人好みの展開って、一般人もしくは、まだそれが見ても考えても、どうしてそうなるのか解らないレベルのプレイヤーだと、
「なんだ。グダグダでつまんないな?」としか思えないモノだと思ってます。

それ以上に逆に一般レベルで見ると、選手の意志や目的を理解できない、技術的にも説明ができないために、
単に失敗したんだな・・・このヘタクソがー!ととらえてしまうことすらあります。


さてまぁ話は若干変わりますが、、他のスポーツと同様、ダーツにおいてもやはり上級者と初級者では
見えてる物事や考え方が違います。いや、同じなのですが、そこに至るプロセスが違うんです。

例えばよく言われてる、「ダーツを飛ばす基本は、まっすぐ引いてまっすぐ出す」って言葉。
初心者さんはこう聞いても「あぁ。そうすればダーツって上手くなれるんだ」ぐらいにしか思えないでしょうが、
上級者が聞くと「あぁ。真っすぐ飛ばす=ターゲットへのブレが少ないから力んでも入りやすいしね?」
といった感じで理由まで理解する事ができるんです。

同じ理論や考え方でも、内容の密度が違うんです。その差が実力差となって表れてきます。


ダーツって単純に入れた外したの争いですが、それだけじゃないんです。

ホラ、よく言われてるじゃないですか。ダーツはメンタルスポーツだと。


…手始めに、まずはメンタルという部分を、緊張したから弱い、普段と同じスタッツ打てたから強い!
なんて単純な考え方から一歩、先に進んでみてください。

それだけでメンタルがちょっとだけ強くなると思います。